お葬式の弔辞の言葉の使い方、使ってはいけない言葉

お葬式の弔辞に書く言葉は堅苦しいものは使わずに簡潔にわかりやすく書く必要があるため、丁寧に言葉を選ぶ必要があります。薬石功なく入滅されといった古臭い文言は使わない方がいいでしょう。また、絶対に使ってはいけない言葉もあるのでここで紹介します。まず忌み嫌う言葉は使用することができません。重ね重ねや再び、次々といった重ね言葉は不幸が重なるということを連想させ、遺族にも不快感を与えるためにお葬式の弔辞では使えません。死亡といった直接的な言葉も相手に不快感を与えてしまいます。死者との別れは故人との決別、事故は不慮の出来事のように置き換える必要があります。故人の死に至る経緯などはあまり詳しく語らないことがマナーとなっていますが、必要があって紹介する時は言葉を選んでさらっと話す方が無難です。

遺族を励ます言葉は必要ですが、必要以上に遺族を悲しませないようにする配慮も大切です。故人の生前のエピソードを交えて故人をしのんでもらうのは効果的ですが、結婚式と違うので、あまり華やかな話題や笑いを誘うような話し方は避けるべきです。

弔辞は故人に話しかけるとともに遺族、参列者に聞いてもらうために述べる言葉であるため、わかりやすく話すことが大事ですが、やはりゆっくりと重々しく感じるくらいに話す方がいいでしょう。かみしめるように一語一語間を置き、心を込めて話すことが大切です。悲しみの表現は一番難しく、あまりストレートな表現ではかえってわざとらしく、工夫がいります。さらっと混ぜて間を置くようなテクニックが必要です。