感動するお葬式の弔辞

過去に芸能人のお葬式の弔辞で話題になった例が多く、これらの中からをどういったものが感動を呼ぶのかを紹介します。例えば、少年のような話し方で、故人にささやく口調で話題になったものもあります。故人からの手紙は今や思い出の宝物になったけど、筆不精の僕からはこれが最初で最後の手紙ですと呼びかけました。ずっと仕事が一緒だった相方に対して、何でそんなに急いで行っちゃったのだ、でもいつも苦労掛けたね、もうゆっくり休んでね、と語り掛けた言葉も話題になっていました。

近々あるイベントを一緒にやろうと楽しみにしていたのに、約束を破ってそれを待たずに行くなんて、と声を詰まらせた芸人もいました。師に対してこれからも教えを守ってずっとやっていきます。これからも見守って怒ってください、と声を詰まらせた弔辞は人々の涙を誘いました。故人の作品の発表会などを企画する報告などはよく行われることで、故人が書いていた絵や俳句などを雑誌などに投稿して喜んでもらうといった弔辞は現実味があり喜ばれます。天国での住所を教えてね、発表会の招待状を送ります、といったまるでドラマの中の言葉のようなものもあります。いろいろ感情のもつれもあった故人に対する謝りの言葉などもよく行われます。作家の弔辞も有名なものが多くさよならこそ人生だとたたえた言葉も話題になりました。

お葬式ではこのように本当に故人を偲ぶ素直な気持ちから出る言葉が良い弔辞の文句を生み出していきます。こういったものを参考にして故人のことを思い出して良い言葉を考えてください。