お葬式の弔辞とは

お葬式の弔辞とは 人生の大きな儀式の一つであるお葬式で、感動するのはどの場面でしょうか。故人とのつながりが深かった人や遺族の心のこもった弔辞を聞いた時と感じる方もたくさんいます。故人の生前の思い出や人となりをしのんで話される言葉には誰でも心を打たれます。それにより参列した人が皆涙を流し、故人のことを思い出すこともよくあります。有名人のお葬式でも弔辞に関するエピソードは多く、いろいろな名場面や名文句として語り伝えられているものもあります。また、本で紹介された言葉もあります。そのため、弔辞を依頼された方はそのような本を参考にすることもできます。

お葬式とは人にとって人生の中で感動する場面です。それゆえにお葬式に参列する時、遺族から弔辞を依頼されたら断らないようにしましょう。遺族は故人とのつながりが深い方に話してほしいと思って依頼しています。人前で話すのが下手だからと気にする必要はありません。誠意をもって故人への思い出と自分の思いを話すのがいいでしょう。また自ら故人の思い出を話したいと思う人は遺族に相談をすれば話すことができることもあります。遺族として時間が許す限り多くの人に話してもらいたいと考える方もいます。

しかし、やはり儀式ですから一応のマナーを守る必要があります。多くの参列者を代表して弔辞を述べるのですからその心構えが必要です。多くの参列者の前でスムーズに話すためにはそれなりの準備が必要です。まずは書くことから始めます。その際、書き方にもきまりがあります。話す時間に合わせて文字数を決め、盛り込むべきことを決め、手際よく話しやすい内容にする必要があります。またお葬式という場面で使っていい言葉、使ってはいけない言葉等の配慮も必要です。実際に話す場面では書いた弔辞を手にもって話すことも必要になるので、これらの手順も儀式の常識に従うべきです。お葬式という儀式ですから話す時間も限られており、それに合わせた丁寧な話し方で必要なことを手短にうまく話す必要があります。これらのマナーは宗教にも関係しているので、その配慮も必要になります。

リハーサルがあるような大きなお葬式は別ですが、そうでなければ事前に自分で何回も読んで実際の場面を想定して練習するのもいいでしょう。ここではお葬式の弔辞についてその対応とマナーについてまとめます。また有名な弔辞を参考にして過去の弔辞の例についても紹介します。これらを勉強してぜひ良い弔辞を述べてください。

最新ニュース